退職金制度の見直しと中小企業の問題解決

ポイント制退職金制度

ポイント制退職金制度は在職中の会社への貢献度合いを計画的に退職金額に反映させる制度で、一般的には次のような算式で計算されます。

 

計算式:(勤続ポイント+資格ポイント)×ポイント単価×退職事由係数

 

  ・勤続ポイント:会社に1年勤務するごとに与えられるポイント
  ・資格ポイント:等級ごとにポイントが定められ、その等級に1年在籍するとポイントを付与
  ・ポイント単価:1ポイントあたりの単価(例えば1ポイント1万円など)
  ・退職事由係数:自己都合・会社都合の退職により異なる係数

 

ポイント制退職金制度のメリット・デメリット
メリット

・退職時までのトータルな貢献度を反映させることができる
・ポイント単価の設定で給付水準をコントロールすることができる
・制度の仕組みが簡単なため理解しやすい
・中途採用者・退職者の不利が軽減される
・退職金の増やし方がわかるため、従業員のモチベーションになる

 

デメリット

・退職金額の計算にあたり過去の人事記録全てを把握することが必要となるため管理が煩雑となってしまう
・ポイント化の根拠となる等級制度が長期的にしっかりしていないと制度の導入ができない
・確定給付型の制度であるため運用リスクが会社側にある