退職金制度の見直しと中小企業の問題解決

別テーブル方式退職金制度

別テーブル方式退職金制度とは、等級別や役職別に定めた係数を設定して、それに勤務年数に応じた基準額を乗じて支給額を算出する制度です。
基本給連動型に似ているように感じますが、基本給と連動していないことが最大の特徴です。
一般的には次のような算式で計算されます。

 

計算式:等級別算定基準額×退職時の勤続年数に応じた係数

 

別テーブル方式退職金制度のメリット・デメリット
メリット

・年功をベースにしつつ役職等の基準設定次第では貢献度重視の設計をすることができる
・導入に際して従業員の同意を得られやすい

 

デメリット

・退職時の最後の等級で算定基礎額が決定されるので、在職途中の貢献度を反映させることができない
・確定給付型の制度であるため、会社側に運用のリスクが生じる

 

 

別テーブル方式