退職金制度の見直しと中小企業の問題解決

車両管理規程の概要

この規程は社員が通勤に使用する車両の管理について規定するものです。
車両は自動車及び二輪車を指します。
近年問題となっている飲酒運転等を厳禁するなど安全運転を全社一丸となって取り組む必要があります。
また交通事故に対する会社のリスクを排除するためにも整備しておく必要があります。

車両管理規程の一般的な内容

使用許可

マイカー通勤は必ず許可制にすることが必要です。
許可申請の際に免許証、車検証、任意保険証等の写しを提出させることにより法違反や交通事故の際の責任能力を確認できます。

 

禁止事項

企業の社会的責任及び信頼を損なわないためにも、社員に交通安全意識をしっかりと持ってもらう必要があります。
この項目において、飲酒運転、過労運転、速度超過、携帯電話を使用しながらの運転等法違反を禁止することを規定しておきます。

 

懲戒

社員が交通事故を起こしたことにより、その責任を会社が問われることがあります。
その場合の損害の賠償を本人に求めることと懲戒処分を行うことを規定して抑止力を期待します。

 

任意保険の加入

マイカー通勤を許可する際には必ず任意保険の加入を義務付けましょう。
更に加入基準を設け、対人、対物等の賠償額が基準に満たしていない場合は許可しないようにしましょう。